リスク管理態勢

基本方針

経営を取り巻く社会・経済環境等が変化するなか、当社では、適切な事業運営を確保し、長期にわたるお客さまへの保障責任を確実に果たすため、様々な要因から発生するリスクを的確に把握・分析し、適切なリスク管理を行うことを経営上の最も重要な課題の一つと認識し、リスク管理態勢の整備・高度化に努めています。

リスク管理に関する規程等

取締役会は、「リスク管理基本方針」を制定し、リスク管理の基本方針、管理対象リスクの定義と各部署の役割等を含めたリスク管理態勢を定めています。更に、この基本方針で定義した各リスク(保険引受リスク、資産運用リスク、流動性リスク、事務リスク、システムリスク、法務リスク、労務・人事リスク、風評リスク、有形資産リスク、子会社リスク、モデルリスク)について、執行役員会は、その管理方法・体制等を明確にしたリスク種類毎の管理規程を、また各リスクを横断的に管理する「統合的リスク管理規程」を定めています。
また、通常のリスク管理では対処できない事象を危機と定義し、「事業継続計画」の整備等を含む「危機管理規程」を定めています。

リスク管理体制

業務運営を通じて発生する各種リスクについては、業務執行部門が各リスク管理規程に基づき一次的なリスク管理を行っています。また、業務執行部門から独立したリスク管理統括部門が、リスク管理状況の実態把握、統合的なリスク管理、リスク管理を徹底させるための諸施策の策定など、二次的なリスク管理を行うとともにリスク管理態勢の整備・高度化に取り組んでいます。さらに厳正なリスク管理を行うため、社長を委員長とする「リスク管理委員会」を定期的に開催し、リスク管理に関する様々な議題について組織横断的に検証しています。
なお、日常のリスク管理体制だけでは対応が困難な大規模災害等に備えた体制も、あわせて整備しています。

牽制機能の発揮

当社が認識しているリスクは、各リスク管理規程に基づき、業務執行部門により管理されていますが、同時にリスク管理統括部門がリスクのモニタリング、分析等の管理を行うことにより、牽制機能を発揮しています。

管理・監督機能の発揮

定期的に開催するリスク管理委員会において、リスクの適正な管理に関する事項の審議・検討を行っています。各リスク管理状況について執行役員会が報告を受け、経営の意思決定を行っています。

有効性の確認

監査部門による内部監査、会計監査人による外部監査および監査役による監査により、リスク管理機能の有効性を確認しています。

リスク管理態勢