法令等遵守(コンプライアンス)の態勢

当社は、コンプライアンスの徹底をお客さま、社会からの信頼に応えるための重要な経営課題と考え、さらなるコンプライアンス態勢の充実に向けて取り組んでおります。


法令等遵守に係る取り組み方針としての「コンプライアンス基本方針」、および法令等遵守態勢を構成する各種組織や規程の位置づけ・役割を規定した「コンプライアンス基本規程」を定めております。
また、法令や社内規程等を解説した「コンプライアンス・マニュアル」を配付または電子的掲示により、全社員に周知しております。

  • コンプライアンス委員会の設置
    全社的に法令等遵守態勢を監督・推進するための組織として、コンプライアンス委員会を設置しております。コンプライアンス委員会は社長を委員長とし、複数の執行役員・社員により構成しております。
  • チーフ・コンプライアンス・オフィサー、コンプライアンス・リーダーの配置
    全社的な法令等遵守態勢の推進責任者としてチーフ・コンプライアンス・オフィサー(法令等遵守担当執行役員)を配置しております。この制度はジブラルタ生命のみならず、世界中のプルデンシャル・グループで採用されている制度です。さらに各部署における法令等遵守推進責任者として、営業拠点および本社各部署にコンプライアンス・リーダーを配置しております。
  • プルデンシャルビジネス倫理規程と倫理委員会
    プルデンシャル・グループ共通の「プルデンシャルビジネス倫理規程」を全社員の行動規範として採用し、全社員に配布して周知するとともに、規程内容の実効性を確保するための組織として倫理委員会を設置しております。倫理委員会はチーフ・ビジネス・エシックス・オフィサーを委員長とし、その他複数の執行役員により構成しております。
  • 社内各委員会等の活用
    懲罰委員会、リスク管理委員会、お客様の声委員会および販売資料委員会等の社内委員会を通じて、諸活動のコンプライアンスについて常にチェックしております。
  • 法令等遵守にむけた教育
    社員の法令等遵守のため、「コンプライアンス・デー」や「コンプライアンス強化月間」、「倫理強化月間」、「Eラーニングによるコンプライアンス研修」等、コンプライアンス強化に向けた教育を随時実施しております。
  • コンプライアンス・プログラムの策定と実施
    コンプライアンスを実現させる為の具体的な実践計画として、毎年、「コンプライアンス・プログラム」を策定し、社内に周知しております。
    その進捗状況や達成状況は定期的に確認・フォローを行うとともに、新たな課題はコンプライアンス・プログラムに反映させることで、継続的な課題解決を図っております。