具体的な取組み

本業を通じて

私たちは本業を通じて省エネルギー、リサイクル、省資源に取組みます。

省エネルギー・省資源・リサイクル活動

ジブラルタ生命では、身近なところでの「省エネルギー」「省資源」に取組んでいます。
具体的には、「電子帳票化によるペーパーレスの推進」「カラーコピーの利用制限」「溶解による廃棄紙のリサイクル」などを行っています。

オフィスでの環境配慮

環境負荷の少ない事務用品(環境対応商品*)を使用するよう心がけています。また本社では電子帳票化による画面上での業務を促進し、紙の削減に努めています。

*環境対応商品

  • ECO(エコマーク取得商品)
    (財)日本環境協会が商品の製造・使用・廃棄などによる環境への負担が少なく環境保全に役立つとして認定した商品です。
  • GRN(グリーンマーク取得商品)
    古紙を原料とした紙製品で、そのマークの収集に応じて幼稚園、小・中・高等学校、町内会、自治会などに苗木を贈り、社会環境の緑化を推進するものです。
  • GPN(GPN環境データブック掲載商品)
    GPN(グリーン購入ネットワーク)が発行する『グリーン購入のためのGPN環境データブック』に掲載している商品です。
  • グリーン購入法判断基準適合商品
    国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)の、特定調達品目およびその判断基準に適合する商品です。

社員一人ひとりのこころがけを通じて

私たちは社員全員がコミュニケーションに努め、環境に対する理念を共有します。

一人ひとりが環境に配慮した行動

ジブラルタ生命では、以下のような呼びかけを行い、日頃より職場での省エネルギーに努めています。

パソコン電源OFFの徹底

  • 離席の際は、パソコンのモニター画面の電源をOFFにする
  • 退出時には、パソコンの電源、モニター画面の電源ともにOFFにする

消灯の徹底

  • 会議室、コピー室、トイレ、給湯室など使用していない場所はこまめに消灯をする
  • 最終退出時にはオフィスの照明の消灯を徹底する

エレベーターより階段を使う

  • 2アップ、3ダウンは階段で!

「グローバル・ボランティア・デー」において環境関連メニューを実施

グローバル・ボランティア・デー

ジブラルタ生命では、毎年10月の第一土曜日を「グローバル・ボランティア・デー」と定め、全社員とその家族で一斉にボランティア活動を行なっています。
そのうち清掃プロジェクトでは、全国各地で「河川・海岸のゴミ拾い」や「公園・地域周辺の清掃活動」などが行なわれ、社員と家族の環境問題に対する意識を深めています。