防衛省職員の皆さま

ジブラルタ生命と防衛省共済組合の関係は、1952年(昭和27年)の団体生命保険契約の締結以来60年余の歴史があります。

また、生命保険の団体扱い契約は、防衛省共済組合の福祉事業の一環として、1970年(昭和45年)から共済組合と提携し取扱いしています。(下図参照)

これらの事業を通じ、職員の皆さまの「万一」に備えるお手伝いをさせていただいています。

防衛省職員の皆さまへのコンサルティング・サービスの提供

担当ライフプラン・コンサルタントによるサービス提供体制

ジブラルタ生命では、ご契約毎の担当ライフプラン・コンサルタントを設定し、様々なお手続き等を承っております。

また、所属部隊毎に担当ライフプラン・コンサルタントを設定し、職員の皆さまの生命保険に関するご相談にきめ細かく対応できるようにしております。

共済制度のメリットを生かした保障設計アドバイス

ジブラルタ生命の防衛省担当ライフプラン・コンサルタントには、防衛省共済組合の共済制度等を理解し、共済制度のメリットを生かした最適な保障設計ができるよう専門教育をおこなっています。

また、専任インストラクターによる各種セミナーも全国の駐屯地・基地で開催しておりますので、是非ご活用ください。

ご退職後も安心のサービス体制

ジブラルタ生命は、「公益社団法人 隊友会」の運営する共済制度の引受保険会社として、防衛省職員の皆さまのご退職後も安心の保障制度をご提供しています。