その1 生命保険のしくみを知ろう

よい生命保険を選ぶために、まず知っておきたいのが、生命保険の基本的なしくみです。貯蓄との違いや、生命保険の保障プランのベースとなる主な3つの基本形について見ていきましょう。

貯蓄は△(三角)、保険は□(四角)

生命保険は、私たちの生活におけるさまざまなリスクに対して、お金の心配をしなくてすむように備えるためのものです。

「それなら、がんばって貯蓄をしておけばいい」と考える方もいらっしゃるでしょう。ところが、貯蓄は少しずつお金を貯めていくものなので、目標額に達するまでには時間がかかります。途中で万一のことがあったとき、貯蓄額が目標額に達していなければ、目標額を手にすることはできません。

これに対して、保険の場合、契約がスタートしたときから保障額が準備されています。保険期間内であれば、もしものことが起きたとき、保障額が保険金として支払われます。このように、万一に備えたお金を準備するうえで、保険は優れたしくみといえます。

生命保険の3つの基本形

生命保険の保障プランは、主に「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3つをベースに、これらを組み合わせたり、応用したりして設計していきます。自分や家族の目的やニーズに合った生命保険を作り上げるために、この基本形を理解しておきましょう。

定期保険

保険期間があらかじめ決まっている保険です。保険期間中に、「死亡」など支払要件を満たしたときに保険金を受け取れます。保険期間満了までに支払要件を満たさない場合は保険金を受け取ることができません。

養老保険

死亡保障と資金作りを兼ね備えた保険です。保険期間があらかじめ決まっている点では、定期保険と同じですが、保険期間満了時には、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。保険期間や保険金額などの条件が同じ定期保険に比べ、保険料は高くなります。

終身保険

一定の保険期間がなく、保険料の払込期間が終了した後も、生涯にわたって保障が受けられます。万一の際には、死亡保険金を受け取ることができます。

解約返戻金を老後資金に活用することもできます。

  • 保険料の払込期間が終身の場合もあります。

こうしたしくみが分かったうえで、自分にとって必要な保険を考えていくことが大切です。では実際に、どのくらいの人が、どのような目的で生命保険に加入しているのでしょうか。データを参考にしてみましょう。

  • このページでは、一般的な生命保険の概要を記載しています。個別の商品の詳細については、各商品の「パンフレット」や「ご契約のしおり・約款」等をご覧ください。