その3 自分の家族に必要な保障を把握しよう

必要な保障は、あなたの年齢や家族構成、生活環境などによって変わります。

必要保障額は、世帯主が万一の場合に、残された家族が現在と同等の生活を続けていくために必要なお金から、国や企業の保障として入ってくるお金(遺族年金、死亡退職金など)や、すでに準備している貯蓄を差し引いた残りのお金です。残された家族に必要なお金の代表的なものとしては、生活費、子どもの教育資金や結婚資金、あなたのお葬式費用などが挙げられます。

必要保障額は、生涯を通じて一定ではありません。結婚や出産、定年など、ライフステージの変化に応じて変わります。そのとき、保険の見直しを検討してみましょう。