変額年金保険 最低年金原資保証タイプ 特別勘定による運用について

特別勘定の設定

  • 変額年金では、専用の特別勘定を設定し、他の保険種類の資産から区別し独立して管理・運用されます。
  • 特別勘定は、運用方針の違いにより数種類に分類されます。
    • 「最低年金原資保証タイプ」は1種類の特別勘定を設定しています。
  • 特別勘定の運用は、毎日評価(原則として時価評価)され、各契約の積立金に反映されます。

特別勘定の資産配分比率・運用方針

特別勘定の資産配分比率・運用方針
  • 国内債券を中心に、債券・短期金融資産等の基本比率を70%とし、その他を株式の運用といたします。
  • 市場環境の変化に対応するため±20%程度の範囲で基本比率に対する許容範囲を設けます。
  • 自社運用といたしますが、一部投資資産について、PGIMジャパン株式会社の協力により運用を行います。

  • 運用会社のプルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社は2017年10月1日よりPGIMジャパン株式会社へ社名を変更しました。

運用協力会社のご案内

ブルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社

世界最大級の金融サービス機関であるプルデンシャル ファイナンシャルの日本における重要な拠点の一つとして、機関投資家向けおよび個人投資家向けの資産運用ビジネスを展開しております。

  • 運用会社のプルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社は2017年10月1日よりPGIMジャパン株式会社へ社名を変更しました。

プルデンシャルの資産運用の特長

  • 独自の定量及び定性分析を通じたアクティブ運用が投資の基本となります。
  • 運用はチーム制で行われ、活発な情報交換と議論が優れた投資判断の基礎となります。
  • グローバルに展開する広大なネットワークを駆使し、世界レベルで情報を共有します。
    • 運用協力会社は今後変更することがあります

特別勘定の運用状況についてはこちらをご覧ください。