PEOPLE

中部営業本部 所長

大矢 彩Aya Oya

2013年入社

取材当時(名古屋支社 チーフトレーナー)のものです

ジブラルタ生命の理念に共感して
保険に加入、そしてLCに。

私とジブラルタ生命の出会いは、私自身が加入者になったことです。大学卒業後に大手中古車ディーラーに総合職として入社し、最初の赴任地となったのが名古屋。その会社に勤めたのは1年ほどでしたが、その間に、先にジブラルタ生命に転職した先輩社員から生命保険の提案があり、「人間愛・家族愛」に基づく生命保険の考え方に感銘を受け、加入しました。ところがそれで終わらず、先輩と何度か会いジブラルタ生命の社風や働き方を知るうちに「自分もこの会社の仲間になりたい」と思い始め、結局そのままライフプラン・コンサルタント(LC)として入社することになりました。
中途採用とはいえ、1年少しの社会人経験では新卒とほぼ同じ。だからこそ私の社会人としての成長は、すべてLCとして経験したことによるものだと感じています。相手の話に耳を傾け、相手の気持ちを察して配慮する。そうした人間的な成長をLCとして働く日々が培ってくれました。LCになって2年後には結婚し、仕事もプライベートも安定していったのですが、そこで湧いてきたのが、責任を持って後輩の育成に携わりたいという気持ちでした。

責任を持って後輩を育成したい。
そうした想いが高まって
チーフトレーナーに。

LCから営業管理職に職種変更しようと決めたのは、入社後3年ほど経ったころです。営業管理職には、所長と、新人LCの育成に特化するチーフトレーナーの2つの職種があり、私はチーフトレーナーを希望してその願いが叶いました。
チーフトレーナーを希望した理由は2つあります。1つは大学時代に教員免許を取得しており、人を育てることに興味があったこと。LC時代にも、後輩の成長が気になって個人的に手助けをしていましたが、成功してもしなくても責任を負わない立場では本当のやりがいは感じられませんでした。それならば正式に責任ある立場で育成に携わりたいと考えたのです。もう1つは、営業管理職の大勢を占める所長になる前の準備として、新人LCの育成に専念することで、あらためてジブラルタ生命の基本に立ち戻ってから、所長の重責を担えればと考えたからです。
チーフトレーナーの仕事は、入社後1ヶ月半の初期研修のトレーナーを務める他、初期研修を終えたLCに対しても所長と連携しながら一層の成長をサポートすること。新人LCが初めてお客さまを訪問する日を「デビュー日」と呼んでいるのですが、研修で学んだ通りにお客さまにプレゼンテーションができるか、離れた場所にいてもつい祈るような気持ちになってしまいます。こんな感覚は、チーフトレーナーになって初めて味わいました。

一番のやりがいは
送り出した新人LCからの喜びの声。

2018年にチーフトレーナーとなり、期間はまだ浅いのですが、初期研修を担当した新人LCから「教わったことを素直に実行したら本当に成果が出ました」「私もLCとしてがんばって、いずれは大矢さんのようなチーフトレーナーになりたいです!」といったメッセージが届き始め、職種変更した手応えを感じています。
今後の自分のキャリアを考えたとき、色々な所長と新人の育成を通じて、接する機会があることが貴重な経験になっています。所長ごとに営業所運営の方法はさまざまで、自分が所長になったときの準備ができるのもチーフトレーナーの魅力といえそうです。いずれは子どもを授かりたいと思っているので、子育てと仕事を両立させながらどうキャリアを築いていくか。今のチーフトレーナーの経験を活かし、さまざまな所長の働き方を取り入れながら、自分なりの女性営業管理職像を見つけたいと考えています。

OFF TIME SHOT休日の過ごし方

軽井沢には「石の教会」というとても素敵な施設があり、私たち夫婦は交際中から憧れていたこの教会で結婚式を挙げました。今も結婚記念日の前後には軽井沢へ行って、夫婦水入らずでゆったりとした時間を過ごしています。日常的な趣味は、料理教室やフラワーアレンジメント、ポーセラーツ(転写紙を使った磁器への絵付け)など。チーフトレーナーになってから、「育成」という共通点もあってか植物を育てることも趣味に加わりました。

ページTOP