お客さまの声をふまえて、2018年度に改善を行った事例

【お客さまの声】外貨建商品の仕組みを理解しやすいように、わかりやすい表現のパンフレットを作ってほしいです。

【改善内容】

外貨になじみの薄いお客さまのために、既存の冊子を改訂して「やさしい外貨のはなし」を作成しました。物価・金利・為替等の具体例や解説を充実させて、わかりやすくて興味を持っていただける内容に改善しており、「実利用者ユニバーサルデザイン」認証※を取得しました。
※「実利用者ユニバーサルデザイン」認証:実際の利用者が使用する際の行動観察をもとに、内容を正しく理解できるように改善した製品・サービス等に対して、実利用者研究機構の審査を経て与えられる認証。

【お客さまの声】保険の知識がない人が約款を見ても不明確で読みにくい。

【改善内容】

当社では、お客さまにとって重要な情報をわかりやすく提供したいとの想いから、「ご契約のしおり・約款」の約款部分(保険約款)を、読みやすく・わかりやすい構成や内容にしていくこと(約款の平明化)になりました。まず、2019年1月以降の新商品より平明化を反映した約款としていきます。現在販売中の商品についても、約款の平明化を順次実施予定です。

【お客さまの声】医療保険の見直しを行っていて、先進医療給付金ダイレクト支払サービスについて確認したい。先進医療給付金の額が100万円以上であることと記載されているが、100万円未満の先進医療については利用できないということか。

【改善内容】

「先進医療給付金ダイレクト支払サービス」は、先進医療給付金を当社から病院に直接支払いするサービスです。
同サービスの利便性をさらに向上させ、お客さまにより安心して先進医療にかかる治療に専念いただくために、以下の2つの取組みを実施しました。

<金額制限の撤廃>
従来までの100万円以上の利用制限を撤廃し、全ての先進医療がダイレクト支払サービスの対象となりました。

<特定病院との提携による利便性の向上>
特定の病院と先進医療(重粒子線・陽子線治療)の支払にかかる提携を行いました。
新たな制度では、先進医療実施前の段階でのご請求が可能となり、先進医療実施予定日に合わせて医療機関へ直接支払することができますので、お客さまにより安心して先進医療による治療に専念いただけます。