ESG投資に関する取組方針

ジブラルタ生命保険株式会社

ジブラルタ生命保険株式会社は、持続可能な社会の実現に資することが生命保険会社の社会的責任を果たすものと認識し、お客さまからお預かりしている保険料の運用について、資産特性に応じて、E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)の要素を考慮した運用(「ESG投資」といいます。)を行うために、以下のとおり、「ESG投資に関する取組方針」を定めます。

  • 公社債の運用プロセスにおいては、定量的な財務情報に加えて、ESGに関する情報を含む非財務情報を考慮した分析を、投資判断とポートフォリオ・マネジメントに組み入れます。また、投資先企業の非財務情報の開示の充実を促していきます。
  • 国内上場株式の運用プロセスにおいては、定量的な財務情報に加えて、ESGに関する情報を含む非財務情報が中長期的な企業価値に影響を及ぼすものと認識し、投資判断とポートフォリオ・マネジメントに組み入れます。また、投資先企業との建設的な対話や議決権行使を通じて、投資先企業が持続可能な社会の実現に貢献し、自らの企業価値を向上させることを支援します。同時に、投資先企業の非財務情報の開示の充実を促していきます。
  • クラスター弾は、一般市民への甚大な被害を与えることから、日本を含む国際社会において非人道的な兵器とされており、当該兵器の製造を行う企業に対しては、原則として投資しないこととします。
  • 持続可能な社会の実現に貢献できるようにグループ会社をはじめ、他の金融機関と情報交換や交流を通してESG投資ノウハウの蓄積に努めます。