契約の解約について

生命保険はご自身やご家族の生活保障に欠かせない大切なものです。ご契約を解約することは可能ですが、ぜひ慎重にご検討され、ご継続されることをおすすめします。やむを得ず解約のお手続きをご希望される場合には、担当社員・代理店社員またはコールセンターまでご相談ください。

解約の前にご確認ください

  • ご契約の途中で解約をすると、一般的に多くの場合、解約払戻金は払い込まれた保険料の合計よりも少なくなります。特にご契約後の経過期間が短い場合、解約払戻金はまったくないか、あってもごくわずかとなることがあります。また、保険の種類によっては解約払戻金がまったくないものもございます。
  • 解約後、新たに生命保険に加入する際、そのときの健康状態によっては、新しい生命保険を契約できなかったり、保険料の割り増しや一部の保障が制限されるなどの条件付きでの契約になることがあります。
  • 新しい生命保険を契約するときには年齢が上がっていることなどにより、保険料が高くなることがあります。

なお、以下の方法で保険契約を継続することもできます。

一時的にお金がご入り用な場合

  • 契約者貸付制度のご利用

※保険種類や契約内容などによってお取扱できない場合もありますので、ライフプラン・コンサルタント/代理店またはコールセンターまでご相談ください。

お申し出方法

担当社員・代理店社員へのご連絡

担当社員・代理店社員へご連絡いただきますと、お手続きに応じたご案内と、必要な書類を手配いたします。

コールセンターへのお電話

コールセンターにお電話の際は、お手元に保険証券番号が分かるもの(保険証券や当社からお送りしている郵便通知など)をご用意のうえ、ご契約者ご本人さまよりお電話くださいますようお願いいたします。

お手続きに応じたご案内と、コールセンターから必要な書類を郵送いたします。

通話料無料で、携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

受付時間等は各ページよりご確認ください。

一定の条件を満たすご契約については、コールセンターへお電話いただくことで、お手続き可能な場合もございます。

お手続きの際にご用意いただくもの

  • 解約請求書(解約払戻金請求書)

    ※当社所定の用紙がございます。

  • その他ご用意いただくもの
    • <個人のお客さま>
      お客さまの本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)が必要です。
      ただし、お支払額が1,000万円(外貨受取可能契約については、10万外貨通貨)を超える場合は印鑑証明書のご提出と印鑑証明書印の押印が必要です。
    • <法人のお客さま>
      当社に登録されている印鑑の押印があれば、解約請求書以外の提出書類は不要です。
      ただし、当社登録印を紛失されている場合や、お支払額が1,000万円(外貨受取可能契約については、10万外貨通貨)を超える場合は印鑑証明書のご提出と印鑑証明書印の押印が必要です。
    • 印鑑証明書は発行日より6ヵ月以内の原本

※ 上記以外の書類のご提出をお願いする場合がありますので、詳しくは担当社員・代理店社員またはコールセンターへお申し出の際、ご確認ください。