Interview 4
お客さまが
一生涯困らないプランをご提案し
長いお付き合いがしたい
そんな想いが叶う仕事に出会えた
関東営業本部
エグゼクティブ・ライフプラン・
コンサルタント
有藤 佳美

保険商品を通し、会社と運命的な出会い

ジブラルタ生命に転職する前は、銀行で資産運用のアドバイザーをしていました。銀行でも生命保険を取り扱っていましたので、多くのお客さまにご希望に合う保険商品をお勧めしていました。その中でもジブラルタ生命のドル建終身保険は私自身が「入りたい」と思うほど好きな商品でした。しかし銀行では販売をする募集人は自分で保険に入ることができません。そこで、ジブラルタ生命のホームページに「保険に入りたいです」とメールを送ったのです。加入手続きの際に「ジブラルタ生命でお仕事をしてみませんか?」とお誘いを受けましたが、銀行での仕事がありましたので、その時はお断りしました。
銀行ではお客さまから信頼してご相談していただけることに、やりがいを感じていましたが、転勤するとお客さまの担当を継続できず、長いお付き合いができないこと、また定年が早いことが心に引っかかっていました。
また、異動すると一緒に働いていた仲の良い仲間と離れなければならない寂しさから、今度転勤になった時は転勤のない仕事に変わろうと考えていました。
偶然とは面白いもので、加入したジブラルタ生命の保険が成立するのと同時に私に異動の内示が出ました。この偶然に何かご縁を感じ、思い切ってジブラルタ生命に転職することにしました。内定をいただいてから半年、銀行での仕事もきちんとやり切って転職。銀行の仲間とは、今でも月に1回は飲み会をしています。人に恵まれて今の私があるのだなぁと、会うたびに感謝しています。

インタビュー画像

慣れない時期を支えてくれた仲間

前職では大きな看板の下で与えられたお客さまのご相談をお受けしていましたが、自分から声をかけていかなければいけないジブラルタ生命ではそうはいきません。 初めて担当した学校に行き始めた頃はお忙しい先生に、緊張してなかなか声をかけられず戸惑ったこともありました。そんな中で自分にできることは目の前のお客さまと向き合い、お話をよくお聞きすること。先生方のお時間を尊重し、無理にお話するのではなく、話しかけていただきやすい雰囲気を作ることを心掛けました。それを続けているうちにふとタイミングが合い、いろいろ相談していただくことも増えていきました。会社の仲間がいつも声をかけ、励ましてくれたおかげで、慣れない時期を乗り越えることができました。『自分一人で頑張っていくのではなく、励まし合って一緒にやっていこう』という仲間に助けてもらったように、今後は新たな仲間である後輩たちに返していきたい。そんな思いを強くしています。

お客さまに頼っていただける喜び

この仕事のおかげで素晴らしいお客さまとの出会いもありました。
長いお付き合いがある知人でご契約者でもあるAさまからご紹介いただいた渡邊さまとは、もう9年来のお付き合いになります。Aさまが「信頼できる人だから有藤さんに相談してみたら」とご紹介してくださったので、最初から渡邊さまのお考えやご希望を具体的に伺うことができました。そして渡邊さまにとって最適なプランをご提供できたと思っています。
保険会社としてご案内できる商品は限られています。しかし、生命保険だからこそできることをご案内し、保障、老後といった形で一生涯困らないプランをご提案すること、お客さまの人生に寄り沿っていけることは大きな喜びです。もともと私は頼りにされると頑張るタイプです。お客さまに頼っていただきたい、お役に立ちたいという気持ちが強いので、このような関係が築ける今の仕事は本当に楽しいです。

インタビュー画像

「会った瞬間の直感どおり、とても誠実な方です。私の話を丁寧に聞き、親身に相談に乗ってくださいます。
今では私の人生を全部任せられるくらい、全面的に頼りにしています」 (渡邊さま談)

自分にできることを精一杯していく

中井先生(仮名)は、私が以前担当していた学校で知り合い、現在担当している学校で再会するというご縁があり、長いお付き合いでした。スキー場で転倒され、55歳の若さで亡くなられました。先生は独身で保険金の受取人は高齢のお母さまと独身の妹さまでした。入院治療等でかなり高額の費用がかかっていたため、死亡保険金の一部を最短でその日のうちにお支払いできる死亡保険金即日支払サービスをご案内しました。申請は対面のみで受け付けていましたので、静岡のご実家に伺って手続きをしました。
突然のことでしたし、静岡から遠く不慣れな場所での片付けや様々なお手続きはお母さまや妹さまにとって負担が大きいと思い、先生のご自宅の整理のお手伝いや駅までの送迎、また病院の手続き等、私にできることをお手伝いさせていただきました。
残りの保険金も全額支払われて、妹さまは足が悪いお母さまのためにバリアフリーの家を購入されました。しばらく落ち込んでいたお二人も住みやすくなった新しいお家で生活できることで少し元気になられたご様子でした。
また、相続税納入期限の10カ月の間は、何か心配なことがあるとすぐにご相談をいただきました。その度に微力ながらアドバイスをさせていただいたことを思い出します。
相続手続きがすべて終わった後に保険に加入されたいとのご意向を伺っていましたが、ふと考えてみると、ご契約をお預かりできても、そこから始まるお客さまとの関わりを、近辺にいらっしゃる他のお客さまと同じようにはできないかもしれないと思いました。
そこで、お母さまの了解を得て、静岡で活動している信頼のおけるライフプラン・コンサルタントにお母さまと妹さまのご契約を任せることにしました。安心して任せられる仲間が全国にいることこそがジブラルタ生命の誇りだと強く感じることができました。
その1年後、手続きをしたライフプラン・コンサルタントに誘ってもらい、静岡のご自宅に伺いました。大きなお庭のあるお宅でゆっくりと暮らしているお二人とお会いして「先生の保険がご家族を守ったのだなぁ」としみじみと感じました。
前職であればここまでお客さまに深く関わることは少なかったと思います。これがお客さまの人生に寄り添えるライフプラン・コンサルタントという仕事の良さなのかなと思います。深く関わったお客さまから、別のお客さまを紹介していただくことも多く、こうしてつながっていくのだなぁ、ありがたいなぁと思いながら毎日仕事をしています。お客さまに頼りにしていただける限り、長くこの仕事を続け、お役に立ちたいと思っています。

インタビュー画像

美人で仕事ができて、と紹介があったのでお会いするまでは「ちょっと近寄りがたい人かも」と思いましたが、お会いしてみると気さくで好奇心旺盛。ライターの仕事にも関心を持たれて、いろいろ質問される等、人が好きで人を応援したい、というお人柄が伝わってきました。撮影の時も常に笑顔で周りが明るくなりました。とてもチャーミングでした! (ライター談)

pagetop