会社紹介

ジブラルタ生命保険株式会社は、世界最大級の金融サービス機関、プルデンシャル・ファイナンシャルの一員として2001年4月に営業を開始いたしました。

会社概要

名称 ジブラルタ生命保険株式会社:The Gibraltar Life Insurance Co., Ltd.
本社所在地 〒100-8953 東京都千代田区永田町2-13-10
TEL 03-5501-6001
代表取締役社長 添田 毅司(そえだ たけし)
資本金 755億円
営業開始 2001年4月3日
営業種目 個人保険、個人年金保険、団体保険、団体年金保険、再保険
事業所

ライフプラン・コンサルタントチャネル:8営業本部 86支社701営業所
代理店チャネル:3本部 6営業統括部 58営業部/8ユニット
(2021年4月1日現在)

事業の特色 全国組織をもつ団体(教職員団体、商工会等)と提携関係にあり、団体が行う共済制度等をお引き受けしております。
総資産 11兆7,331億円(2021年12月末現在)
保有契約高 36兆9,483億円(2021年12月末現在)
ソルベンシー・マージン比率 943.4% (2021月12月末現在)

社名の由来

ジブラルタ海峡に位置する長さ4.8km、高さ400mにもおよぶ巨大な岩山"ジブラルタ・ロック"。
プルデンシャル・ファイナンシャルの創業者ジョン・F・ドライデンは、「安心」と「信頼」の象徴である「ジブラルタ・ロック」をコーポレートマークに採用し、お客さまに安心をお届けし、お客さまの信頼に値する会社であらんことを、そのマークに込めました。
ジブラルタ生命という社名は、そのロゴマークとともに、ジブラルタ・ロックにちなんでいます。それは、ジブラルタ生命が、世界最大級の金融サービス機関、プルデンシャル・ファイナンシャルの一員であることを端的に表すとともに、お客さまに安心をお届けする、信頼に値する会社であろうとする使命も受け継いでいることを意味します。
プルデンシャル・ファイナンシャル共通のシンボルである"ジブラルタ・ロック"は、時を経ても変わることのない強さ、安定性、専門性、そして革新性を象徴しています。

ジブラルタ海峡を臨むジブラルタ・ロック

沿革

2001年 プルデンシャル・ファイナンシャルの一員として営業を開始
2002年 プルデンシャル・タワー(東京・永田町)落成
2003年 コールセンターが第6回企業電話応対コンテストで最優秀賞受賞
2004年 業界初、ベルマーク付生命保険商品販売開始
2005年 提携金融機関窓口で外貨建個人年金保険の販売開始
2006年 全ての「お客さまの声」を一元管理する組織「お客様の声委員会」の設置
2007年 提携金融機関で死亡保障商品の販売開始
2008年 苦情対応マネジメントシステムISO10002の自己適合を宣言
2009年 更生会社大和生命(現社名:プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命)を完全子会社化
2010年 提携金融機関等を通じた生命保険販売ビジネスを、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命へ業務移管
代理店チャネルの営業開始
2011年 AIGエジソン生命、エイアイジー・スター生命の株式を取得し、子会社化
2012年 ジブラルタ生命、AIGエジソン生命、エイアイジー・スター生命の3社が合併し、新「ジブラルタ生命」としてスタート
2013年 お客さまサービスおよび設計書等の分かりやすさを追求し、顧客情報保護に配慮した新営業支援システム"LC One"を導入
2014年 死亡保険金即日支払サービスの拡充
ご契約者向けインターネット・サービスのスマートフォン対応開始
2015年 完全キャッシュレス化の実現
*新契約時において現金による初回保険料の授受を廃止し、完全キャッシュレスに移行
2016年 ご家族登録制度の取扱い開始
2017年 「お客さま本位の業務運営に関する方針」を策定、公表
2018年 先進医療給付金ダイレクト支払サービスをリニューアル
耳や言葉の不自由なお客さま向けの遠隔手話通訳サービスをコールセンターに導入
2019年 消費者庁所管の「内部通報制度認証」(自己適合宣言登録制度)に登録
2020年 死亡保険金即日支払サービスの拡充
2021年 オンライン対面によるコンサルティングサービスの利便性の向上
契約者代理請求制度の取扱い開始
特約保険金受取人が法人の契約においてリビング・ニーズ特約の支払限度額を撤廃
  • 心のなかにある家族への想い